歯科技工士科

卒業生の声

助川 春菜さん

助川 春菜さん

仕事を誇りに思い、患者様から信頼される歯科衛生士になりたい。

今、歯科技工士としてがんばっていることは何ですか?

答え

まず、歯科医院からお預かりした模型から読み取れる情報を1つも見逃さないように注意しています。 解剖学的・機能的・審美的・技術的な要素を満たせる技工物を製作することを目標にしています。
どれをとっても満足できるには遠く、実現困難なことばかりですが、目標設定は高く!!
上を向いて学ぶ気持ちを大切にしています。

歯科技工士の魅力は何ですか?

答え

人が健康で幸せな生活を営んでいく上でなくてはならない「歯」。
当然のことですが、社会に必要とされる職業ですし、自分が手がけた仕事が評価され、患者さんの笑顔へとつながったときに「喜び」と「やりがい」を感じます。 知識と技術を活かして正確な技工物を製作し、1つの実績を残すたびに技術力が一歩前進することで「達成感」が得られ、 次の仕事に取り組むエネルギーへとつながります。歯科技工士は、人生に豊かさや喜びという付加価値を与えてくれる仕事です。

本校を選んだ理由を教えて下さい

答え

県外の学校も選択肢の中に在りましたが、身近に同校の仲間が多い方が、卒業後も楽しくスキルアップできるのではと考えました。

在学中の思い出があれば教えて下さい

答え

教室を飛び出しての「親睦会」は、1・2年合同の混成チームによるバスケットボール。 日頃の運動不足が心配でしたが,先輩の上手なアシストのおかげで好成績を残し喜びを分かち合いました。 「NHKデジタル放送専門学校紹介」TV番組出演。カリキュラムの具体的な内容や校風など、衛生士科の学生と共に学校紹介をさせていただきました。 アナウンサーやキャスターの方も気さくで親しみやすく、ギャラリーも多く、明るい雰囲気のスタジオ生収録に楽しく参加することができました。

どんな歯科技工士を目指したいですか?

答え

歯科医師と歯科技工士が、知識と技術を共有し、患者さんの笑顔につながり、 幸福感を仲介できるようになれたらいいなと思います。

体験入学に参加しましたか?

答え

体験入学があるのは知っていましたが、あえて参加せずに、個人で学校見学をさせていただきました。 普段の授業風景を拝見し、親しみを持ちながら熱心に指導する先生と、真剣に取り組む学生の姿が印象的で「茨城歯科専門学校」に決めました。

奥平 大輔さん

奥平 大輔さん

ドクター・患者さんを安心させる事ができる歯科技工士になりたい

今、歯科技工士としてがんばっていることは何ですか?

答え

患者さんの口腔内の機能が改善され、長く持続できるように咬合や強度に気をつけています。

歯科技工士の魅力は何ですか?

答え

日本人が世界に誇れる物づくりの楽しさが発揮できる仕事であることです。

本校を選んだ理由を教えて下さい

答え

自分の家から通学できる距離であったことと、県内に就職したかったので選びました。

在学中の思い出があれば教えて下さい

答え

必死に屈曲した矯正ワイヤーを提出間際に失くしてしまいもう一度最初からやり直したことと、 技工用バーナーで前髪を燃やした事です。

どんな歯科技工士を目指したいですか?

答え

ドクターに、この人が作った物であれば安心して患者さんの口腔内に入れられると思っていただける様な技工士になれるよう、技術の研鑽に励みたいと思います。

奥平 大輔さん

奥平 大輔さん

ドクター・患者様を安心させる事ができる歯科衛生士になりたい

今、歯科技工士として感じていることは何ですか?

答え

歯科技工士は、私にとって天職です。

歯科技工士の魅力は何ですか?

答え

歯科技工士は技術職です。自己研鑽をして身につけた技術が、わかりやすく結果として現れます。 このことは仕事をする上で、やる気と向上心につながり、また患者さんの心から喜ぶ姿を体感できることが 非常にやりがいになります。

歯科技工士に必要と思われる資質は何だと思いますか?

答え

歯科技工士と聞くと手先が器用なことが条件と思いがちですが、そんな事はありません。 私のスタッフにもよく話すことですが、『自分の携わった仕事に対してどれだけ責任を持てるか』がまず大切です。
患者さんの口の中に入る補綴物がきれいであるか、また、指示書を正しく読み取っているかなど、社会人としての資質があるかが大切と感じています。 相手(患者さん)の背景を考えて、歯を作る姿勢が問われます。

これからの歯科技工についてどう思いますか?

答え

CAD/CAMなどの発達や、技工物の海外委託問題等いろいろありますが、これからの技工士はそうした事に影響されないポジションで仕事をこなすことが求められてくると思います。
技術だけに走らず、知識や経験にもとづき、あらゆるケースに対応した最良の選択をし、提供することで未来は開けると思います。 そのためには、歯科医師、歯科衛生士の分野に踏み込んだ専門知識の習得も大切になってきます。

開業してよかったと思えることはどんなことですか?

答え

雇われていた時と責任の重みがまったく違いました。開業すると言い訳ができず、すべてにおいて責任が発生します。 しかし、そのことが自分を大きく成長させてくれました。
また、今までまったく勉強しなかった私が、開業をきっかけに経営の勉強をし、 日本経済に興味を持ち、金融や株価から、世界経済にも目を向けるようになりました。
一方で、スタッフと人間関係に悩み、考えることで、人としてのあり方・考え方の成長があったと思います。 開業前の自分とは比較できないほどいろんな意味で変われたと思います。 何かが起きるたびに常に改善しようとする姿勢が生まれ、改善がみられたら、その喜びをスタッフと共有でき、人々に助けられ、 昔の自分には考える事すらできなかったことにも挑戦できる幸せがあります。