体験入学

歯科衛生士科

歯科衛生士の仕事ってどのようなものなのでしょう?
歯科医院で働く歯科衛生士の姿を見て、憧れた方もいるでしょう。体験入学は歯科衛生士たちは医療現場で何をしているのかを医療側から知る良いチャンスです。
患者さんたちの口の中は、一人として同じではありません。例えば歯の磨き方指導では一人一人の症状・口腔内の特徴にあった最善の指導方法を見つけだすことが大切です。そのために必要な知識と技術を培うためには、基本が重要です。体験入学は約3時間と短い時間ですが、ひとつでも多く新発見をし、多くのことを体感して下さい。 歯科医療や本校に興味をお持ちの方、お友達もさそって気軽に参加して下さい。また、保護者の皆様、進路指導の先生方も本校の充実した設備・教育方針等をご覧下さい。

過去の体験入学 過去のオープンキャンパス

体験入学

歯科衛生士科 (1)ガイダンス
・歯科衛生士について
・授業、実習、学校生活について
(2)学校施設説明(校内見学)
(3)体験学習
a.スケーリング実習(歯石を取り除く実習)
b.印象採得実習(歯型採り)
c.バキューム体験
d.歯口清掃体験・保健指導(歯の磨き方体験)
e.歯科用器具器材の説明と取扱方法
f.水戸口腔センター見学
(4)入試説明、その他

ガイダンス

ガイダンス

歯科衛生士科について、特に、修得科目、授業内容、臨床実習そして国家試験について説明します。
また、ビデオで実際の歯科衛生士の仕事を説明します。

スケーリング実習

スケーリング実習

学生実習と同様に、マネキン人形と顎模型を用い、スケーリング(歯石とり)を体験します。
スケーラー(歯石をとる器具)の操作法、姿勢、着座位置など、注意していないと意外に難しいかもしれません。

印象採得実習

印象採得実習

型取り材(印象材)を実際に練って、顎模型の型を採ります。時間との勝負です。

バキューム実習

バキューム実習

口の中に、どれ位水を溜めることができるかの体験や、
その水をバキューム(水を吸い取る装置)で吸い取る体験をします。

歯口清掃体験・保健指導

歯口清掃体験・保健指導

プラーク(歯垢)中の細菌を顕微鏡で観察します。
また、実際に自分の歯のプラーク(歯垢)を染め出し、鏡を見ながら歯ブラシでプラーク(歯垢)を取ります。
糸ようじの操作法も体験します。
最後に在校生達が作製した保健指導用各種資料を見学します。

器具器材の説明・取り扱い方法

器具器材の説明・取り扱い方法

歯科で使用する器具・器材は多種多様です。その説明を行ないますが、実際にどのように使用されているのか、
手にとって体験もして下さい。

(公社)茨城県歯科医師会 口腔センター水戸

(公社)茨城県歯科医師会 口腔センター水戸

障害者歯科医療の茨城県の拠点となる、
(公社)茨城県歯科医師会 口腔センター水戸の見学をします。
センター担当者が、この地域拠点センターの実際について説明します。

オープンキャンパス

オープンキャンパスは、普段見られない医療系専門学校の専門授業や実習風景を身近で見学することができ、本校の雰囲気や学生生活等を体感してもらえるイベントです。 体験入学とは異なり、実際に診療機器に触れる機会はほとんどありませんが、在学生達の授業風景を見られるので、貴重な経験となるでしょう。 お友達も誘って気軽に参加して下さい。また、保護者の皆様、進路指導の先生方も「百聞は一見に如かず」です。ご一緒に参加されてはいかがでしょうか。

過去の体験入学 過去のオープンキャンパス